早くから治療する

歯の模型で説明する

矯正歯科の目安

「矯正歯科治療が必要になったら、治療開始する時期の目安は」子どもの矯正歯科治療は、早期に開始して骨格改善などを行う「早期治療」と、永久歯に生え替わってから行う「本格治療」があります。早期治療であごの骨を広げるなどの治療を受けておくと、本格治療や将来抜歯をしなくてもすむ場合がありますが、だからといって、必ずしも早く治療したほうがよいわけではありません。症状によっては、早い時期に治療したほうがよいケースと、永久歯になって治療したほうがよいケースがあります。矯正歯科治療を始めるタイミングは、個々のケースによって様ざまなので、かかりつけの歯科医とよく話し合い、わが子に最適なタイミングで始めるようにしましょう。

歯科医師選びは慎重に

「子どもの矯正歯科治療・いくらかかるの」子どもの矯正歯科治療にかかる費用は、基本的に健康保険がきかず自由診療となります。治療内容によっても異なりますが、目安としては、初診料が3000〜5000円、検査料が3〜5万円、診断料が2〜7万円ほどかかることが多いです。このほか、矯正装置をつけて行う医療費は60〜80万円、調整料3000〜5000円程度(1回)なので、トータルで100万円程かかると考えてよいでしょう。矯正歯科治療は、期間が長く、費用がかかるうえ、いったん治療が始まると、途中でやめることができないので、矯正歯科医師は慎重に選びましょう。選び方はかかりつけの歯科医師に紹介してもらうほか、(矯正歯科学会)の会員であるかどうかも判断基準になります。